しっかり者の嫁とダメ亭主の日常


by nakaya073
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

理髪店

アホ旦那がまた散髪へ行きたいとぬかした。
アホ旦那が行きつけの散髪屋は うちから車で10分ほどのところにあるいわゆる美容院で、外観内装ともにお洒落で、料金も高い。

一回の散髪で5000円以上もとられる。

「『白髪が生え際一部分に出てきましたね。』って言われて、部分染めをサービスでやってもらえたよ~」といつも喜んで帰って来る。

アホやろ。

「サービス」のわけないやろ、ボケが!
散髪だけで5000円以上もする田舎の美容院なんかつぶれるわ!

普通の散髪ペースなら許そうとも思うが、アホ旦那は2週間に1度この理容店へ行く。

仕事などで3週間も行かないと、「Mちゃんには会いたいけど、髪が伸びてきたから散髪優先に行くよ。」と わざわざ電車代(往復)4000円以上も使って、この散髪屋へ来る。そしてまた寮へ帰るという美容院信者。

どうも、髪が伸びるより、白髪が許せないらしい。

だったら「髪染めるくらいやってあげる」と申し出たが、アホは私の腕を信用しない。

私は大学生時代、貧乏生活をしていたので、髪染めくらいは自分でやっていた。しかもモデルという職業(?)にもかかわらず。

これを言うと、「いや、それが、微妙なニュアンスが出ないんだよ、普通のカラーリング液じゃあ。」と、トップスターみたいな事をぬかす。

本来ならば「勝手にしろ」と言いたいが、毎月アホ旦那の頭ごときに一万円以上もかかっているかと思うと腹が立って仕方が無い。
安月給のクセに!

アホ:「これだけは俺の生き甲斐なんだ!絶対曲げないよ!」

私:「そんなもんが生き甲斐なら、好きなだけ行け。私はお前と離婚する。」

アホ:「理解してくれよ~」

私:「行くな、なんて一言も言うてない。世間のお父さんは少ないお小遣いの中から2ヶ月に一度、1500円くらいのやっすい理髪店へ行っとんねん!お前もせめて2ヶ月に1度くらいにしろや!」

アホ:「これだけは絶対許してくれ!親に相談するぞ!」

私:「相談してみろ!お前が異常だということを知らされるだけや!アホが!」

アホ:「とにかく絶対絶対行くからな!」

あー腹立つ。アホ旦那の毛ぇ全部むしったろか!と毎晩本気で考える。
[PR]
by nakaya073 | 2005-10-11 22:43 | 激怒レベル10