しっかり者の嫁とダメ亭主の日常


by nakaya073
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

披露宴前日

さて。
どうしても披露宴の二次会をしたいという彼のために二次会の会場を3ヶ月ほど前に見に行って、あるところに決めた。
当初は40人ほどになるとか言うので、私は景品を45個全ての包装し用意した。私一人で。

見栄っ張りなアホ旦那のせいで、高い二次会会場を選んだにもかかわらず、会場費(参加費)を直前になって「高い」と言い出した。
これは幹事をたてず、経費を切り詰め、忙しい中できるかぎりのサービスを・・と計画した私に対してすごく失礼じゃない?
何もかも私にやらせておいてそれはないんじゃないの?

もともと私は次の日、朝7時から仕事があるし、
来ていただいた方々と都合のあう日に、個別に食事とかしたほうがありがたい。

彼は価格を下げろと言い出した。
それはできない。ギリギリの数字なんだから。
私は二次会で儲けようとして料金設定をするわけないし、ハッキリ言って足がでるほどの料金設定で、予定人数を割れば、赤字。
通常は幹事を立てるが、うちは彼の友人は遠方の人ばかりだし、私の友人でできるのはS美だけ。私がやるしかないじゃん。この忙しいのに・・・。

自分では何~もやってないくせに、文句だけは言うてくる。
披露宴にしても全てにおいて私は仕事を犠牲にし、予定をキャンセルしてまでこれらを段取りした。
にもかかわらず、これかよ!!
アホ旦那にあまりにも腹が立ち、今までたまりにたまったものも爆発し、なぐってやった。
たまたま目ぇに当たった。
ざまあみろ。
これだけでは気持ちがおさまらんけど。と おもったら、アホ旦那は近所の人が何事かと警察に通報するほどの大声上げて怒り出し、私に殴りかかってきた。
アホ旦那は私の顔を滅多打ちにした。

次の日は披露宴、というその日に。

こんなやつ(アホ旦那)と絶対結婚なんかするか!!
私:「自分のわがままな考えばかり通すんだったら、一緒に居る意味ないんやで、結婚なんかしなけりゃいいだろ!」と言うと、
彼:「いや、それとこれとは別だ。」

って、ぜんぜん「別」じゃねえ!アホやろ。

もう、これだけ言われて、これだけひどいことをされて、二次会に行くつもりなんてない。
勝手にしろ!と、もう彼に全て準備を任せた。

すると、不安になったのか、「ね~ごめんって言ってるじゃん~ねぇ~」と媚をうりだした。
彼は「私が二次会に来ないとか わがままを言っている」と、親にまで言いつけて、実家にまで電話しだした。
あーーーはーらーたーつーーー!!
キーーーー!!私は家を飛び出して、もう死んでも構わない!というスピードで、どこへ向かうでもなく車を走らせた。
[PR]
by nakaya073 | 2004-11-12 11:24 | 激怒レベルMAX