しっかり者の嫁とダメ亭主の日常


by nakaya073
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

初夜

披露宴の後のラブラブなひと時を「初夜」というのであろうが、
私たちにそんなものはない。

二次会後、彼は三次会だとかいうて会社の友人と飲みに出かけた。
私は前にも書いた通り、朝7時から仕事があるのと、四国や九州から親戚が多くきてくれていて、明日帰るにもかかわらずそのまま飲み歩くなんて無礼なこともできないし、と 自宅へ帰った。

披露宴でも二次会でも忙しくて何も食べてない。(彼はもりもり飲み食いしていた)
とにかく疲れた。
母方の九州の親戚にお礼を言って、彼らと夕飯のカレーライスを食べて次の日に備え、寝た。

ホテルで披露宴をすると、もれなく「スイートルーム宿泊」がついてくる。
私はスイートルームなんて見たこともない。
彼はさんざん飲み歩いたあと、そのスイートルームに彼一人で泊まった

翌日。
私が朝早くから働いている最中、
昼12時くらいにタクシーで私の自宅へ戻り、親戚らとすき焼きを食べてビールを飲んで・・・私が帰宅すると、まだ明るいうちから おおイビキで寝ていた。
「H君、疲れたんじゃろ」と、ばあちゃん。
疲れとんのはこっち!!

情けなくて涙が出てきた。

なんでこんな人と結婚してしまったんだろう・・・

「与える愛」「求めない愛」そんなもんクソくらえ!
涙が止まらずでてきて、その様子をみていた親戚は、もらい泣きしながら「結婚してよかったね」と言った。

もっと泣けてきた・・・
[PR]
by nakaya073 | 2004-11-12 15:53 | 激怒レベル10