しっかり者の嫁とダメ亭主の日常


by nakaya073
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:未分類( 1 )

最近の小学生

昨日、銀行へ通帳記入をするために、自転車をこいで駅前まで行った。

銀行前に自転車を停めて、ロックをすると、スルリと鍵が手から滑り落ちた。
「あっ!」と思ったら、
本当に運悪く、側溝のコンクリートの蓋の、あの小さな穴へスポッっと
入ってしまった。
「わーーー!!」
なんでこんな小さな穴の中に落ちるかなぁ、本当にツイてない!なんて日なんだ!あーもー!と、悲観的になりながら側溝のクソ分厚いコンクリートの蓋を持ち上げるとすぐに
小学生4年生くらいの男の子が「手伝いましょうか?!」と自分がこいでいた自転車を停めて話しかけてきてくれた!
「ありがとう!あの鍵取れるかな?」
と、蓋を持ったまま言うと、男の子はすぐ側溝に頭を突っ込み、腕をうんと伸ばして私が落とした鍵を取ってくれた。
「ありがとう!助かったよ!」と言うと、いえいえ、と照れくさそうに戻って行った。

あぁ、君がエンジェルのように見える。
きっと将来、いや絶対に 君は良いお嫁さんがもらえるよ!心からそう思った。
私に女の子が生まれたら、私の愛娘をお嫁にやってもいいよ!なんて本気で考えた。


そして、つい先ほどの事。

近所へ買い物へ行くために、日焼け防止につばの長い帽子をかぶり、なんでもないふつーの普段着でテクテク歩いていると、
おそらく近所の小学生(女の子)が お友達と二人で自転車をこいで、後ろからやってきた。

すると、そのうちの一人が、私のほうをまじまじと見て、「おっしゃれ~~~・・・・」と言って、自転車をこぎながら、通り過ぎた。
あまりにも私のほうを見過ぎて、前から来るトラックにはねられそうになっていた。

おかしくてたまらず、笑ってしまった。

この年で小学生にファッションを褒められるなんて思いもしなかった。

いくつになっても「キレイ」と言われるスタイルでいたいものだと、つくづく思った。

二日連続で、小学生に思わぬ行動をされてとても感動した。
普段、うっとうしい、なんて思っていたが、ちょっと考えなおしてみよう。
[PR]
by nakaya073 | 2013-05-09 15:51