しっかり者の嫁とダメ亭主の日常


by nakaya073
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:激怒レベル10( 29 )

一番駄目な失敗

私が家を空けた数日間、アホ旦那は家へ来た。
このタイミングの悪さ。
これもまた腹がたつが、
怒り狂ったのが、私の愛車。

アホは運転もまともにできんクセして、私の居ない間に10万キロを超えた私の愛車を乗り回していたらしく、

見ると、
車庫ではなく、外の空き地に私の愛車を停めていた。

もう10万キロを超え、ベルトも切れかかっておかしくない状態にもかかわらず、炎天下そして雪も降るというこの季節に・・・わざわざ外の空き地に駐車するなんて・・・!!!!

出先から帰る際、家の中がむちゃくちゃでも、布団がよだれや垢で汚れていても仕方がないか・・・と思っていたが、

まさかこんなことをされてるとは思いもしなかった。

車を買えるような給与ももらってないのに私の愛車を乗り回し、
車庫があるにもかかわらず、運転技術がないのと面倒なのが重なり、
私の愛車を外の空き地に数日間も停めっぱなし。

これには怒り狂って、アホ旦那が近くにいたら刺していたかもしれない。

常日頃から「車はもうタイミングベルトがいつ切れるかわからない状態だと」ということを口すっぱく言うてあるにもかかわらず、一番してはならない事をしたアホ旦那。

怒り狂って電話すると、
「完璧にしたつもりだったけど、詰めが甘かった」と言うてきた。

詰めだぁ?

はぁーーーーーーーーーーーーー?

もう絶対アホ旦那を家に1人で入れないと決心した。
[PR]
by nakaya073 | 2006-03-16 22:28 | 激怒レベル10
アホ旦那は洋服もタオルもたたむ事ができない。

私が洗濯物をたたんでおいてあっても、それをくっちゃくちゃにするだけ。
自分の洋服はハンガーにかけるのみ。

以前、彼のアパートへ行った時のこと。

彼の部屋はなんだか昼間でもすごく暗い。
なぜなら全ての、カーテンレールに服を干しているから。
常に分厚いカーテンを閉めているような状態である。

しかも生乾きなので、とても臭い。

しかし、臭いや暗さだけで驚いてはいけない。

あまりに放置しっぱなしで、服の色が変わっていた。

これには言葉も出なかった。

本人はなぜいつも部分的に(特に肩から腕にかけて)色が変わっているのか疑問に思っていたという。
このアホさ加減。

私はそういうのが大嫌い。
服をかけっぱなしにすれば埃もたまるし、色落ちの心配もある。
なにしろ見栄えが悪い。

自分のもんくらいたためや!と言うと、アホ旦那はしぶしぶたたみだしたが、
そのたたみかた!

お前は宇宙人か!!

というようなたたみ方をしている。

先日テレビで見たが、
細木数子先生が、
服もたたんで片付けられないような子供はろくな大人にならない、と激怒しておられた。人間失格だそうな。

小学生に洋服のたたみかたを教えておられた。

私はアホ旦那にタオル、洋服のたたみ方を5回以上教えているが、全く覚えておらず、いつも宇宙人のような服のたたみ方をする。
アホ旦那はどうしてこんなにアホなんだろう。
[PR]
by nakaya073 | 2006-01-12 23:29 | 激怒レベル10

初っ端からアホ

アホ旦那はよほど暇のようで、毎日のように私のこのブログを見ている。

アホ:「だって、連絡つかないんだから、君が何をしているのか心配なんじゃないかよー。」

連絡を取りたくないようにしたのはお前だろ。

先日
アホの声がすると思ったら、案の定、うちの両親の家に居た。
あれほどかかわるなと言うてあるのに、初っ端からこれだ。

1ヶ月以上会ってなくても、こんなことでは口をひらく気にもならん。

アホ:「このまえ、君に殴られた後、駅員にも『どうしたんですか?』って聞かれるし、電車の車掌にも聞かれたし、体はお茶で濡れてるし、もう、辛かったんだよー。」

と、また私の顔を見るなり自分の哀れ話である。

何度もくどいようだが、私も唇と口の中をきっている。つい先日まで、腕が脱臼していた(殴りすで)。だが、私は自分がどれだけひどい目に遭ったかなんて話さない。

私の力なんて知れている。アホ旦那はアホでも一応男性だ。
女性に手を上げるなんて絶対に許せない。

にもかかわらず、いきなりわが身の哀れ話に、うちの両親への依存心。

おまけになんだか臭い。

アホ:「そういわれると思ってちゃんと今朝シャワーしたんだよー。」

アホの体の洗い方は、前回記述した通り、ところどころしか洗わない。しかも繰り返し洗っても同じ事。

だから臭い。久々顔をあわせると、余計に臭う。

アホ:「何の臭いがするんだよー!」

私:「だから、オッサンみたいな油の腐ったような、くっさい臭いすんねん!」

アホ:「どんな臭いなんだよー!」

私:「だから何度も言うとるやろ!くっさいねん!」

アホ旦那は自分の寝室から外へでて、また戻ってきた時にその寝室の臭さに驚いた、と私に話したことがあった。
まさに、その臭いがアホ旦那の異臭なのだ。

私:「臭いし アホやし 金ないし、最悪やな。」

アホ:「そんなことないよ!なんか一つくらいいいとこあるだろ。」

あるか!ボケ!!

嫁が書いたノンフィクションブログ読む暇あったらしっかり仕事せーや!
[PR]
by nakaya073 | 2005-12-09 23:55 | 激怒レベル10

婚約記念日

明日は婚約してまるっと2年目の日である。
本来ならいい夫婦11/22の今日であったが、アホ旦那が結納の日のための休暇を上司によー言われへんかったせいで、11/23のふつーの休みの日になってしもたのだ。

この日が来ると、ムカムカする。

なんでこんな男と結婚してしまったのか。

先日、
彼の会社のずーーっと上のほうで最前線で責任者として働いている方(Kさん)と会う機会があって色々と話をしていた。

その後関係者に送っていただいたのだが、その際関係者aさんが、
「Kさん、まだ独身なんだよねぇ~、なんでなんだろうねぇ?そういえば、Kさんが、『N君(アホ旦那)みたいにおとなしい子に、よくMちゃん(私)みたいな娘が結婚することになったなぁー』なんて言ってたよ。旦那さんってそんなに目立たない人なの?」

私:「いやぁ・・・。どうなんでしょうねぇ。 私、できればKさんと結婚したかったです。笑」

関係者b:「え!?本当!?Kさん喜ぶよ!KさんいつもMちゃんのこと褒めてるもんなぁ。」

私:「まじっすか!?うわー、Kさんと結婚したかったー。ガハハ」

Kさんは本当に仕事ができる方で、実家は病院、将来有望、正真正銘の独身。話をしていても非常に感じの良い方で、頭の良さが伝わってくる。外見的には普通である。どうして彼が独身なのかは社内七不思議みたいになている。らしい。
(それもアホに言わせると、「きっと風俗がやめられないんだよ」とか言う。トップの報道記者(責任者)がそんなわけないやろ。アホか!)
彼と結婚していたら幸せだったろうな・・・。

もし彼と結婚していたら、親との仲もうまくやってくれただろうし、私に黙って金を受け取ったり騙したりすることなんてなかっただろう。
毎日毎日家を出て行くだとか、そんなこと考えずに済んだだろうな・・・。

そう考えると、「どうして・・・」と今を否定せずにはいられないのである。

婚約日に休みも取られへんアホとはやっぱり結婚すべきでなかった。
そんな事、気付いてたけど・・・
アホ旦那のお母さんに「機嫌直して。」と1万円もらって喜んでたのが あかんかった・・・
[PR]
by nakaya073 | 2005-11-22 10:09 | 激怒レベル10

アホ旦那の偽自殺願望

アホ旦那は意味も無く私の実家へ顔をだす。

ちやほやされるのが大好きなアホ旦那はうちの実家へ行き色々自慢げに話をするのが好きなのだ。

うちの両親は本当に変な奴らで、以前にも記述したが特に金のこととなると親も子供もなくなる。

結納金やお祝い金、その他すべて私に無断で自分達の物にしてしまった。
その上、毎月私達から「家賃」という名目で7万円以上も取っている。

それは将来、土地も家も全部やるから、という条件で決めた金額であったが、今は「名義を変えると税金が云々」と言うて、結局土地も家も私達のものにはならないのになぜか金額はそのまま。

私はお年玉も誕生日のプレゼントも親からもらったことはない。おこずかいでさえまともにもらった記憶が無い。
婚約後たまたま母の携帯メールを見たら、父からのメールで、「僕ちゃんの結納金使ってないよね。車を買おう。」と後日本当に自分のためだけの高級車を買っていた。

そんな親に媚を売りに行くな!と何度も言うてあるのに、何度も顔をだす。

アホ:「だって、君の両親じゃないかー!」とごもっともな事を言う。ちやほやされたいだけのクセに。

うちの両親がアホ旦那をちやほやするのだって、毎月お金をもらっているからに決まっている。
初めてアホを両親に紹介した時、母は「なんちゅう変な顔の男なの。あんただったらもっとましなの連れてこれたろうに。」と言うたのだ。しかし、○△新聞の記者と私が言うと、彼らの態度はコロッと急変したのだった。

こんなことならアパートに住んだほうがまし!

アホ:「そんなことしたら、チワワと離れ離れになっちゃうじゃないかー。」って、そのチワワ、お前に全然なついてないねん。

深夜。
シクシクと鼻をすすりだした。
アホ:「僕は君と君の両親との板ばさみに遭って、苦しいよ。悲しいよ。どうして親子でそんなケンカをするの?もう僕死にたいよ。」

私:「死ねや!!

アホ:「もう死にたいよ。何度も思っているんだ。」

私:「だから死ねや!止めへんから!頼むから死んでくれ!できれば保険かけて。」

アホ:「なんて奴だ!」

私:「お前は死ぬ死ぬ言うて、そんな勇気は絶対あらへん!本気で死ぬんやったら静かに人に迷惑かけずに死ねや!夜中にうっとーしーねん!優しくしてもらおうとか、気にかけてもらおうとか、魂胆丸わかりやっちゅーねん!やれるもんならやってみろ!」

アホ:「絶対に死ぬよ・・・。」

絶対にアホ旦那は死なない。そんな勇気はない。

アホ旦那が死ぬ前に私の方がストレスで死ぬやろな。
[PR]
by nakaya073 | 2005-11-11 15:44 | 激怒レベル10

理髪店

アホ旦那がまた散髪へ行きたいとぬかした。
アホ旦那が行きつけの散髪屋は うちから車で10分ほどのところにあるいわゆる美容院で、外観内装ともにお洒落で、料金も高い。

一回の散髪で5000円以上もとられる。

「『白髪が生え際一部分に出てきましたね。』って言われて、部分染めをサービスでやってもらえたよ~」といつも喜んで帰って来る。

アホやろ。

「サービス」のわけないやろ、ボケが!
散髪だけで5000円以上もする田舎の美容院なんかつぶれるわ!

普通の散髪ペースなら許そうとも思うが、アホ旦那は2週間に1度この理容店へ行く。

仕事などで3週間も行かないと、「Mちゃんには会いたいけど、髪が伸びてきたから散髪優先に行くよ。」と わざわざ電車代(往復)4000円以上も使って、この散髪屋へ来る。そしてまた寮へ帰るという美容院信者。

どうも、髪が伸びるより、白髪が許せないらしい。

だったら「髪染めるくらいやってあげる」と申し出たが、アホは私の腕を信用しない。

私は大学生時代、貧乏生活をしていたので、髪染めくらいは自分でやっていた。しかもモデルという職業(?)にもかかわらず。

これを言うと、「いや、それが、微妙なニュアンスが出ないんだよ、普通のカラーリング液じゃあ。」と、トップスターみたいな事をぬかす。

本来ならば「勝手にしろ」と言いたいが、毎月アホ旦那の頭ごときに一万円以上もかかっているかと思うと腹が立って仕方が無い。
安月給のクセに!

アホ:「これだけは俺の生き甲斐なんだ!絶対曲げないよ!」

私:「そんなもんが生き甲斐なら、好きなだけ行け。私はお前と離婚する。」

アホ:「理解してくれよ~」

私:「行くな、なんて一言も言うてない。世間のお父さんは少ないお小遣いの中から2ヶ月に一度、1500円くらいのやっすい理髪店へ行っとんねん!お前もせめて2ヶ月に1度くらいにしろや!」

アホ:「これだけは絶対許してくれ!親に相談するぞ!」

私:「相談してみろ!お前が異常だということを知らされるだけや!アホが!」

アホ:「とにかく絶対絶対行くからな!」

あー腹立つ。アホ旦那の毛ぇ全部むしったろか!と毎晩本気で考える。
[PR]
by nakaya073 | 2005-10-11 22:43 | 激怒レベル10

エコバック

近年、「エコ」だとか「地球にやさしい」とかいう『レジ袋いりません』運動なるものが推奨されている。
私もエコには賛成派・・というか、レジ袋を断ると、買い物の料金が5円ほど安くなるので必ずマイ買い物袋(エコバック)を持って出かける。

今日はアホ旦那の休日で、買出しへ行く事になった。

アホ旦那にエコバックを持たせてレジで並ばせた。
その間に私は買い忘れた卵や牛乳などを持って戻ると、アホ旦那はエコバックを持ってボケーーっとレジで突っ立っている。

私:「お前、何しとんねん!!何のためにエコバックもっとんねん!!」

アホ:「え?」

私:「『え?』じゃねえわ!役立たず!!」

レジのオバちゃんは私の迫力にビックリして無言で旦那が持っていたエコバックを取り上げて、黙々と商品を入れなおしはじめた。

私:「すいません・・・」

アホ:「なんなんだよー、だったらはじめからやってくれりゃいいじゃねーかよー!」

私:「お前が悪いんやろ!」

アホ:「・・・。」

レジで大喧嘩。

アホ旦那は反省も無く、帰ってからまたうんこした。
[PR]
by nakaya073 | 2005-10-10 15:58 | 激怒レベル10

ヤモリ

風呂に入ろうと思ったら、何かが動いた。

私:「ぎゃーーー!!」

助けに来てくれるかと思ったら、
アホ「なんなんだよー!今度は何の文句があるって言うんだよ!!」と、怒って風呂場へ来た。

それも腹がたったが、

その動いたものはヤモリだった。

アホ「一緒に風呂入ればいいじゃん。」

もう私はビックリしたのとこの一言に腹がたちすぎたのとで、言葉もでない。

ヤモリは家を守るとか言われて、殺してはいけないらしいので、できれば逃がしたい。
でも怖くて触れない。
こんな時くらい、アホ旦那も男なんだし、なんとかしてくれるだろう、と思ったが、そんな期待をした私がバカだった。

アホ旦那も怖いらしく、もちろん捕まえる事なんかできない。
そうこうするうちにヤモリは風呂場を逃げ出し、玄関まで逃げていった。

私は、玄関からだったら簡単に逃がす事ができると思ったが、
アホ旦那はその玄関のドア前に立ちふさがり、その位置でヤモリを追っている。

バカか。

そんなアホな事してるうちに
ヤモリはまた家の中へ逃げ込んだ。

あー・・・
情けなくて言葉すらでない・・・
こんなことなら自分ですればよかった。
もう二度とアホ旦那には頼らないだろう。

アホ旦那は「きっとどこかから外へ逃げたよ。」と、のんきなことを言うた。

・・・ヤモリ捕まえてきて、アホ旦那が寝とる時、口ん中入れたろか。と本気で考えた。
[PR]
by nakaya073 | 2005-10-01 00:38 | 激怒レベル10

アホのこづかい

今までは通帳に金があれば アホ旦那がカードで勝手に引き出し好きなことに使っていたが、通帳がマイナスになったため、私が管理する事にした。

ここまで来るには相当な苦労があった。

まず、
アホ旦那の普段の生活。
朝。
「朝、コーヒー牛乳飲まないと、うんこがでないんだよーー。」と、おかしな理由をつけて、コンビニで『リッチミルク入り』みたいな名前のたっかいコーヒー牛乳と、新聞2つと、雑誌、それからパン、さらにスープ、野菜ジュース、コーラを購入。

昼。
仕事場付近の食堂で、定食を2つほど食べる。

夜。
デニーズへ行って、1人にもかかわらず、ビール3杯、おつまみ2品くらいそして定食系のメインのみ2つ。

夜中。
「次の日のために」といって、コーヒー牛乳とスープ、その他コーラなどの飲料物を買い込むが、寝る前にアホなビデオ見ながら全て飲み干す。

こんなリッチ極まりない生活をしておきながら、「俺は節約している。」なんて平気で言う。
だいたいほんまに節約しとるのなら、朝はマック、昼は牛丼、夜はコンビニ弁当やろ!私からすればそれでも贅沢や!

アホ旦那がこんなに無駄遣いをするには理由があった。

これは前に彼の母から聞いた話。
彼のご両親は共働きで、息子にあまりかまってやる事ができなかったため、いつもテーブルに少し多いお小遣いを置いて仕事に出ていたという。

そして、アホ旦那から聞いた話。
お金があったから、ゲームセンターでふらふらしたり、近所でラーメン食べたり、雑誌を買ったりしていた。とのこと。

そんなお金の使い方を幼い頃から見につけていたためだろうか、今現在も非常に無駄なものを買いまくる。

財布にお金があればすべて使ってくる大バカ野郎だ。

今までそれで何度ケンカをしたことか。

そのたびに「俺が稼いだ金をどう使おうが勝手じゃねーか!!」と言う。
「お前、私を養うとか言うて、私がお前を養っとるやないかー!いつでも別れられるな!!」と、私も反撃するが、やはり治らなかった。

彼が勝手に何十万と金を引き出したせいで通帳がマイナスになり、ガス代すら引き落としができなかった時、私は彼の通帳からさらにお金を限界まで引き出してやって、(自分の通帳へちゃっかり移動。)2週間ほど何も食べないという生活をした。

そのおかげで体重は5キロ落ちた。

アホ旦那が帰ってきた。

アホ:「うわぁ、Mちゃん、すごく綺麗になったね。僕がいないほうが綺麗になるなんて許せないよ。」

私:「許せないのはこっちじゃ、ボケーー!!お前が好きなだけ金使って好きなだけ飲み食いできるその影で、私は何も食べる事ができんかったんや!ガス代や水道代すら残さず、私を殺す気かーーー!!!

アホ:「ごめん、ごめんよ、Mちゃん・・・それで痩せてたのか・・・」

私:「今頃気付くな!ボケーー!!もう別れたる!二度と顔見せるな!」

アホ:「頼むよ、それだけは!勘弁してよ!何でも言う事きくから!!君が居ないと生きていけないんだよ~ぉ~」

ということで、アホ旦那は好き勝手にお金を引き出せなくなった。
今後許可なくお金を引き出す事があれば、カード使用停止されたうえに、離婚されるという、二重の恐怖を背負わせる事にした。

そこで、今日。
「頼むよ、もうお金がなくて死にそうだよ。明日、そっちに帰るからその電車代金1000円だけでもおろさせて。」とアホ旦那。

1000円なら許すと思ったのであろう。
そうはいくか、ボケ!
私:「絶対あかん。許可なく金引き出したら別れる。」

アホ:「どうしてだよー!俺をそんなに死なせたいのかよー!お願いお願いお願いお願いお願い!!」と、アホなメールを何度も何度も送ってくる。

私もそのたびに「死ね」と送り返す。

東京(3日間)出張だからと、8万円渡したにもかかわらず、全て使い切ってきた。
どうして たった1000円くらい残せないのか。

そんなことまで教えてやらなければならんのか・・・。

あーーー、どうしてこのアホ旦那と結婚したんだろう。と今更ながら後悔する。
[PR]
by nakaya073 | 2005-09-14 23:12 | 激怒レベル10

アホ旦那の無駄知識

倦怠期とかそーゆー問題ではない。
アホ旦那が何かする度、何か言葉を発するたびに腹が立つ。

車を運転させればぶつけるし、
皿を洗わせれば、信じられないほどの洗い残し。
草むしりさせれば、雑草そのまま 花むしり、
口を開けばテレビドラマやプロレスの話。
再放送をビデオにまでとって見るオタクぶり。見てないドラマはないくらい。

洗濯物は本人が触った後に手を洗うほどの汚さと悪臭。
「将来、僕の洗濯物を同じ桶で洗ってもらうのが夢だ。」と、頭の悪いメールを送ってきた。

そんな夢あるか。

人に紹介すれば態度が悪く、「機嫌が悪いの?」と気を使われ、
自分の思い通りにいかないと大声をあげ近所に迷惑をかける。

金遣いがむちゃくちゃで、毎日のように稼ぎ以上の金を使う。

最近、アホ旦那の顔を見るたび、声を聞く度に うわぁ・・・と眉間にしわがより寒気がするようになった。

そんな私に 「ねぇ、今日こそいいだろ?」と迫ってくる。
いいわけがない。同じ空気を吸うことすら嫌なのに。
嫌だとハッキリ断ると、
アホ:「なんなんだよーー!最近全くしてないじゃねーか!これでも夫婦と言えるのかよー!」と怒り出した。
まともに相手する気にもならず、放っておくと、

アホ:「日本の夫婦の平均回数は一週間に1.5回なんだぞ!うちは平均をはるかに下回っているじゃねーか!いったいいつからしてないと思ってるんだ!」とさらに怒り出した。

私:「お前、そんな無駄な知識はよく記憶しとんねんな!皿の洗い方や草むしりのやり方もしっかり覚えろや!ボケ!」

アホ:「・・・君の言う事はいつも的を得てる。なんでなの?」

このバカバカしい質問に答える気にもならない。その質問に答えたところで、後日同じ質問をすることは分かりきっている。

結婚前には「この人本当は賢いはず。」と思い込んでいたが、今 はっきりバカなんだと悟った。
[PR]
by nakaya073 | 2005-08-31 01:58 | 激怒レベル10