しっかり者の嫁とダメ亭主の日常


by nakaya073
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:激怒レベル10( 29 )

思いやりのないアホ旦那

先日、アホ旦那が休みで帰ってきていたが、映画を見に行きたいとうるさいので、
自宅でピザをとってDVDを見ていた。

私は体調があまりよくなかった為、外出したくなかったからだ。

DVDを見ているうちにますます体調が悪くなり、DVDが終わるのとほぼ同時に倒れこんでしまった。

アホ旦那はそんな私に気遣うこともなく、風呂の準備をしだした。
アホが勝手に風呂に入っている間。
私は油汗を流し、気を失いそうな痛みに耐えていた。
ああ、もうだめかも知れない・・・

すると、アホ旦那が風呂からあがってきて
「おい、せっかく風呂用意したんだから入れよ!」と言う。
あまりの思いやりのなさに、私はなんとか自分で起き上がってベッドへ行き、苦しみながら気を失うように眠った。

次の朝も体調が悪く起き上がれないで寝ていると、アホ旦那はまた下でテレビを見ているようだった。
・・・様子も見に来ねぇのかよ・・・
時計を見ると昼12時すこし前だった。

体調は悪いけれど、アホ旦那に飯を食べさせてやらなきゃ・・・となんとか起きて行くと、
アホ旦那は自分で勝手に飯を作り食べていた・・・

なんて思いやりのない!!
病人を放っておいて自分の飯だけ作って食うとは・・・!!私は毎晩夜中の1時だろうが、アホ旦那のためだけに飯を作るというのに・・・

情けなくて、もう一緒に暮らすのは嫌だと、スーツケースを持って出て行こうとすると、
アホ旦那はやっと気がついたらしく、
「なんだよ、おきれるんじゃねーかよ、って、おい!どこ行く気なんだよー!ふざけんなコノヤロー!」と、体調の悪い私に体当たりしてきた。

つづく
[PR]
by nakaya073 | 2005-06-18 14:07 | 激怒レベル10

トイレットペーパー

アホ旦那の休日が久々土日になって、友達夫婦とうちの庭でバーベキューをすることになった。
客人を迎えるのに、トイレを掃除するよう旦那にお願いした。
トイレ掃除を頼むのは結婚以来これで2回目だ。
アホ旦那はまた「えー」と文句を言う。

ちょっとしてからアホ旦那が「おわったよ」と報告に来たので、
「便座 シートで拭いた?」と聞くと、
「えーそんなことまでしなきゃいけないのかよー。」とまた文句を言いながら一応拭いたらしい。

でも今度は報告には来ずに、私が雑巾をとりに部屋へ戻るとテレビを見てくつろいでいた。
アホ旦那は今度報告に行ったら、また手伝わなければならない、と思ったのであろう。アホ旦那の考えはもう手に取るようにわかる。

私:「怠けるな!」
アホ「なんだよ!ちゃんとやったじゃねーかよー!」

と見に行くと、まだ使えるトイレットペーパーを新しいものに取替え、古いものを 予備のトイレットペーパーを入れるところに置いてある。

私:「何しとんねん!なんでまだ使えるトイレットペーパー替えとんねん!」

アホ「なんだよー!お客さんが来るから取り替えたんじゃねーか!お客さんにトイレットペーパーを替えさせるつもりかよー!」

私:「ここはホテルや旅館じゃねえ!予備のペーパーに自分で取替えてもらうくらい、何が悪い!前に掃除した時にも言うたやろ!」

アホ「わかってるよ!お客さんが来るからと思って替えたんじゃねーかよ!」

私;「嘘つけ!絶対一度叱られた事なんで覚えてなかったクセに。変な言い訳するな!」

アホ「ブツブツ・・・ごにょごにょ・・・」

私:「ハッキリ言えー!」ガスッ(殴る音)

アホ「なんだよー!暴力振るうなコノヤロー!」と 私につかみかかってきた。

私:「57カ条に違反したら離婚って言うたやろ!」
と言うと、さすがに攻撃はしてこなかったが、また変な言い訳をごにょごにょして、コンビニへスポーツ新聞を買いに行った。
バーベキューの準備でこのクソ忙しい時に、スポーツ新聞買いに行くなんて・・・とさらに腹が立ったので、「手伝わないなら、食うことならん!」と言うと、アホ旦那はさらに激怒してコンビニへ新聞だけを買いに出て行った。

昔私がしていたゴルフクラブのアルバイトでお客様用のトイレはトイレットペーパーが少なくなったら取り替え、自分達従業員専用のトイレで使うというきまりがあったが、家庭のトイレでまでそんなことやる必要があるのか?
アホ旦那の実家は 予備のトイレットペーパーすらない時がある。
どこで学んだのか知らんが、本当にアホだ。
[PR]
by nakaya073 | 2005-06-05 16:33 | 激怒レベル10

なんでも私のせい

旦那の実家へ行った。
おばあちゃんの米寿のお祝いだ。

雨で視界が悪い中、高速を運転していると、サービスエリアからのろい車が出てきた。
アホ旦那は右にハンドルを切ったが、右車線には車が・・・。

ああ・・・ぶつかる・・・!!
と思ったが、幸い右車線の人が車線を譲ってくれた。

「おそろしい運転するな!ちゃんと右車線確認したのか!!」と私が怒ると、
「なんだよー、ブレーキ踏むなって言ったじゃないかよー!」と得意の逆切れだ。

私:「ブレーキ踏むななんて、そんなアホみたいなこと言うわけないわ!」

アホ「言ったじゃねーか!」

私:「それを言うなら、前が詰まってんのに、ダーーーっとスピードだして、急ブレーキするのはやめろ、って言うたんや!ほんま下手くそな!」

アホ「俺は下手じゃねえ!」

私:「今だって事故おこすとこだっただろ!」

アホ「それはお前がブレーキ踏むなって言うからだろ!」

私:「言ってねえわ!!」 ガスッ(殴る音)

アホ「いってーなー!!何すんだよ!運転中だぞ!事故したらどーすんだ!!!」

私:「危なければブレーキ踏めば?」

アホ「こんな所でブレーキ踏めるか!」

私:「こんな所もそんな所もあるかー!ブレーキ踏んだらあかんと勝手に思っとるのはお前やろ!」 ガスガスッ(2発)
私:「自分のミスを人のせいにするなんてサイテー野郎だな。これからお前の親に別れますって伝えに行くわ。」

アホ「勘弁してくれよ、俺が悪かった、と思う。」

『思う』かよ!?と思いながらも、それ以上腹が立つので何も口を開かなかった。

今後一切アホ旦那の運転での外出はやめようと心に誓った。
[PR]
by nakaya073 | 2005-05-05 00:59 | 激怒レベル10

ついてない旦那

アホ旦那のたまの休み。
家でゴロゴロされるのもムカつくので、どこかへ行こうと申し出た。
すると、しばらく一緒に出かけることがなかったので、「恋人気分で出かけよう」と アホ旦那。

午前中、大食らいの旦那にたらふく飯を食わせてから出かける。

「やっぱりMちゃんの飯は最高にうまいよ。結婚して本当によかったよ。」と運転中よく喋る。

あほ旦那は、一旦停止で、私の「車、来てないよ」の言葉で
本当に止まらずすごいスピードで一旦停止を走りぬけた

すると すぐパトカーが追いかけてきた。

「なんなんだよーー!!なんで俺なんだよーーー!!」
アホ旦那はまたアホな言い訳をしだした。
「あほか!捕まったもんは仕方ねえだろ!こんなところでまた暴れると余計長引くだけや!素直に謝れ!」と私。

「なんなんだよーー!お前が行けって言うからさー!また止まったら怒るじゃないかと思って行ったんじゃないかよー!」

あーーー腹立つ!私のせいか!

警察が職務質問している最中、またしてもど派手なケンかをし、
「落ち着いてください」となだめられてしまった。

あーあ。
それにしてもついてないアホ旦那。

世の中でこんなについてない男がいようか。
運も実力のうち、なんていうが、旦那はよほど実力もないのだろう。

はー、なんでこんなんと結婚したのか・・・
[PR]
by nakaya073 | 2005-04-19 19:58 | 激怒レベル10

腹が減ったからって

アホの旦那がまた帰ってきた。
会社の寮で過ごせばいいものを、わざわざこちらへ帰ってきた。
駅まで迎えに来いとの電話。嫌だと断ると、タクシーで帰ってきた。
タクシーから電話で何か食べるものはあるかと聞くので、
食料なら今どれだけでもあると答えた。

うちにお客さんがあったが、アホ旦那が帰ってきたため、お客さんがアホ旦那に気を使って、「そろそろ帰ります」と言われた。

アホ旦那はお客様に挨拶もろくにせんと、「食うものなんて用意してねぇじゃねえか!」とすごい不機嫌に怒り出した。

私は我慢の限界に達し、
「お前は5分も待てんのか!!」と怒鳴ってやった。

するとアホ旦那は、「もーすいません、何怒ってんだか、こいつ、頭おかしいんですよ」
と客人に初めて挨拶した。

絶対別れようと思った。
[PR]
by nakaya073 | 2004-12-17 17:21 | 激怒レベル10

初夜

披露宴の後のラブラブなひと時を「初夜」というのであろうが、
私たちにそんなものはない。

二次会後、彼は三次会だとかいうて会社の友人と飲みに出かけた。
私は前にも書いた通り、朝7時から仕事があるのと、四国や九州から親戚が多くきてくれていて、明日帰るにもかかわらずそのまま飲み歩くなんて無礼なこともできないし、と 自宅へ帰った。

披露宴でも二次会でも忙しくて何も食べてない。(彼はもりもり飲み食いしていた)
とにかく疲れた。
母方の九州の親戚にお礼を言って、彼らと夕飯のカレーライスを食べて次の日に備え、寝た。

ホテルで披露宴をすると、もれなく「スイートルーム宿泊」がついてくる。
私はスイートルームなんて見たこともない。
彼はさんざん飲み歩いたあと、そのスイートルームに彼一人で泊まった

翌日。
私が朝早くから働いている最中、
昼12時くらいにタクシーで私の自宅へ戻り、親戚らとすき焼きを食べてビールを飲んで・・・私が帰宅すると、まだ明るいうちから おおイビキで寝ていた。
「H君、疲れたんじゃろ」と、ばあちゃん。
疲れとんのはこっち!!

情けなくて涙が出てきた。

なんでこんな人と結婚してしまったんだろう・・・

「与える愛」「求めない愛」そんなもんクソくらえ!
涙が止まらずでてきて、その様子をみていた親戚は、もらい泣きしながら「結婚してよかったね」と言った。

もっと泣けてきた・・・
[PR]
by nakaya073 | 2004-11-12 15:53 | 激怒レベル10

披露宴

挙式は北海道で、披露宴は地元で行った。

超ど派手婚で、東京なんかじゃもう絶対やらない、かつらに色内掛け。彼は紋付袴。
私はシンプルにドレスだけでいいと思っていたが、
アホ旦那が、亡くなったおじいちゃんが彼のために作ったという紋付袴をどうしても着たいというので、似合わないかつらをつけて恥ずかしいけど披露宴にでた。

披露宴で恥をさらすのはこれからの人生を予見するかのようでめちゃめちゃ嫌だった。
あ~あ・・・仕方ないか・・・。彼のため、彼やうちの家族のためだもんね・・・。

そんな気持ちを察することもなく、彼はご機嫌に着替えを済ませる。その間、女性はメイクも直すから、時間かかるにきまっとる。
「早くしろよ~皆待ってるよ~!」って、もーいい加減にしてよ。メイクさんも困っとるやんけ!
今は皆にスライドで私たちの幼いころからのプロフィールを見てもらっとんの!あんたは全くこの披露宴の準備や打ち合わせなんかには出てないぶん、私がぜ~~~んぶやっとんねん!決定事項は全てメールや電話で連絡したやろ!
あ~もーー!
腹がたって思い切り怒鳴りたかったけど、着付けの先生やヘア、メイクの方も見えることだし、ぐっと我慢して鏡をじっと見ていると、
「おいー、無視すんなよ~!本当はきこえてんだろ~!」と私の耳の中に指を突っ込んできた。
キーーー!!!!!
はーらーたーつー!!

扉が開き、入場するも、アホ旦那は勝手にスタスタ歩き、私は焦ってついていかなきゃならんから、ドレスのすそを何度も踏んだ。

二度目のお色直しでキャンドルサービス入場に関しても、勝手にどんどん進んで、お年寄りと子供に渡すはずだったプレゼントを勝手に近くに居た人へ配りまくり、子供や年寄りにプレゼントを渡すことができなくなった。もちろん彼にも説明はしてある。

彼のせいで、私の計画していたおばあちゃんへのマフラーなどのプレゼントはもう誰に渡されたのかもむちゃくちゃで、もー腹がたって腹が立ってどーしよーもなかった。
こんな新婦おるんやろか?
自分の結婚披露宴で、自分の旦那にこれほど腹立てる新婦って・・・。

最後の新郎の手紙。
「お父さん、お母さん、これからもよろしくお願いします」・・・て、お世話になってどーすんねん!アホやろ。三十路ももうとっくに越したのに、いい加減一人立ちしろよ!

もーーー。この世で最悪の披露宴だった。
[PR]
by nakaya073 | 2004-11-12 10:43 | 激怒レベル10

1人で前撮り

台風のせいで、彼の休みがなくなり、前撮りにと予定していた日が仕事になった。
が。
突然キャンセルするわけにもいかない。
ブーケを作ってきてくれる花屋さん。衣装屋さん。カメラマン。全ての人が私達のために準備してくれているんだから。

とりあえずスタジオに到着し、私は着付けやメイクの時間があるので、彼は先に紋付着て、一人で前撮り。
その後彼はタクシー呼んで仕事に行った。

私はその後、1人で撮影。
撮影は慣れたもんだが、披露宴の前撮りなのに私1人って・・・
なんだか今後の新婚生活をあらわしているかのようである。

前撮りなのに、なんで1人で撮影?こんなんきいたことないわ。
[PR]
by nakaya073 | 2004-11-10 23:34 | 激怒レベル10

新婚旅行最終日

函館へ行った。同じく初めての土地。
日本3大夜景とか言われる函館山ロープウェイに乗り、特等席にて日が暮れるのを待った。
だんだんと日が暮れてきてとてもいい感じ。

こんな雰囲気で食事とかできたら素敵じゃないですか。ねえ?
するとアホ旦那は、「こんなところで飯なんか食いたくない」と言う。
は?
「せっかく函館にいるんだからもっといいものを食べたい。」なんて言う。
はぁ~?
もーいい加減にしろや!お前は本当に自分のことばっかりやな。たまには私の気持ちも大切にしろや!不細工!!
まあ、そんなことは言わずに我慢したけども、次に我慢できない事件が。

夜景をバックに写真を撮ろうとするも、本当に下手くそ。それでも新聞記者かと誰もが疑いたくなるほど下手くそ。以前モデルをしていた私にはとても耐えられない。てゆーか普通に見ても下手。
仕方がないので、たった一度の新婚旅行記念にと、プロに写真を撮ってもらうよう記念撮影をしているスタッフのところへ向かうと、
アホ旦那は「もったいない」とか言い出した。
は?
もーいい加減にしろや!たったの1500円で思い出が残せるんやったら、もったいないことないやろ!!
もう、アホ旦那は言い出したら絶対に聞かない。

すごい勢いでケンカになったら、近くに居た 気が良さそうな耳の不自由な 見知らぬおじいさんに
ジェスチャーで伝えられた。
『ケンカはよくないよ。なかよくしなきゃ。新婚さんなんだから。こんな景色の綺麗なところでけんかしちゃもったいないよ。仲良くしなさい。』と・・・

私は涙が出てきて、本当に馬鹿なケンカしたな・・・この神様みたいな おじいさんに 「ごめんなさい・・」と謝った・・・
しかし、アホ旦那は
「なんだよ、あのくそじじい!」と聞こえるように言うたので、
新婚早々もう本当に別れようと思った。

さらにどんな美味しいもの食べさせてもらえるのかと思ったら、思い切り交通費使って、どこにでもあるようなラーメン食べさせてもらった・・・。死ぬほど嫌いになった。
[PR]
by nakaya073 | 2004-11-10 14:31 | 激怒レベル10