しっかり者の嫁とダメ亭主の日常


by nakaya073
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:激怒レベル1( 42 )

別れている間にも

アホ旦那のお父さんがガンでもう余命がないらしい。
肺がんで、片方の肺を切除した後、もう一つの肺に転移し、その部分を取り除いたが、術後、ずっと咳をし、食事もほとんどとることができず、体重は30キロ代にまで落ち、生きる気力も失っているという。

彼のご両親にはお世話になった。
アホ旦那のことはどうでもいいが、彼の家族が本当に気の毒で、お見舞いに行って少しでも元気づけてあげられたらと思い、アホ旦那と米原で待ち合わせをして北陸まで向かった。

アホ旦那は お父さんが病で苦しんでいるのに、久々私に会えて嬉しいらしい。

アホだが、こういうところは素直だ。

めずらしく、ドラマやオタク的な話をしてこない。
さすがにお父さんの事が心配なんだろうと思ったら、アホ旦那が嫌なことを思い出すかのようにゆっくり話し始めた。

「実は、この電車。嫌な思い出があるんだよね。」

何?おとうさんとこの電車にのって叱られたとか、何かあったの?

「実は・・・この前、見舞いのためにこの電車に乗ったらさぁ・・・・変なエロじじぃが乗ってやがってさぁ・・・」

エロじじぃ?

「女子高校生みたいな女の子に、色々話しかけてるんだよー・・こっちは眠いのにさぁ・・・」

お前が眠いの関係あらへんやろ。

「どこに住んでるの?とか、いやらしいこと聞いてるんだよー・・・」

別にいやらしくねぇし。

「もーあまりにもうるせぇからさー・・うるせー!寝てる人だっているんだ!!って皆の前で言ってやったんだ」

ヒーローぶってるぜ。

「いや、皆もうるさいって、きっと思ってただろうと思うんだ」

皆って、お前だけやろ。

「そしたらさぁ、そのじじぃ、俺のメガネを取り上げて停車したときに外に投げやがったんだ!」

えー!

「で、そのじじぃ、俺のメガネを投げた後、別の車両に逃げたから、追いかけてやってさぁ」

おう、それで、捕まえたの?

「追いかけたんだけど、じじぃ早くてさぁ、こっちはメガネとられて何も見えねぇし。散々だったよ。」

どんくさー。

「俺は女子高校生を助けたんだ。」

助けてメガネ捨てられとったら世話ないな。

「もー嫌なこと思い出しちゃったじゃないかよー」

勝手に思い出したくせに。
別れていても、やっぱりアホだな。つくづく思った。
[PR]
by nakaya073 | 2010-11-10 18:16 | 激怒レベル1

プロポーズ

例の男性にプロポーズされた。

正直、毎度 「はい」と言いそうになる。

この人と結婚していたら幸せだったろうな・・・と思っていると、

「実はふられたんだ」と話しだした。

はぁ?

彼が言うことを短くまとめると、
「mちゃんを大好きだけど、好きになっちゃmちゃんに迷惑だと悟り、他の女と何度かデートをするうちに好きになれるような気がしたが、どうしてもmちゃんと比べてしいまい、彼女に感づかれ ふられた。やはり君以上に好きになれる異性がいない!」
とのことだった。

なんちゅーアホ男!と少々腹のたつ気がしたが、
私自身が彼に対しそれ以上のことをしているのではないか?とか考えると許せる気がしてきた。


アホ旦那は金を自由に使いまくる。
ということで、
私も自由に使いまくって、アホ旦那を許す気になれるかどうか、試してみようと思う。
[PR]
by nakaya073 | 2008-02-05 11:19 | 激怒レベル1

素敵な男性

例のエンジニアだが、テレビに出てインタビューをうけたらしい。

新しいエンジンシステムの一部に大きく貢献したとの事で、ある番組で取り上げられていた。

彼は向上心が高く頭も良いため、仕事もよくできるのだろう。
今月昇進したと連絡があった。

私も仕事でたまたま都心へ行った時、彼も仕事で偶然その都心に居て、久しぶりに会った。
食事をするような時間帯でもなかったので、近くをドライブに連れて行ってもらった。

「相変わらず綺麗だね。」と一言目に言われたが、なぜだろう、今回はその言葉がすごくうれしかった。

ほんの1時間ほどだったが、彼の誠実さと懐かしさが感じられるドライブだった。

どうして彼は結婚しないのだろう?

聞けば必ず「mちゃんを幸せにするために他の女性とは結婚はしない。」と言うから聞かない。

理由はなんとなくわかっている。
女性に対して慎重すぎるのだ。
過去に何か嫌な思い出があるのかもしれない。

私に関しては私が平気で「うんこしてきたわ」とか言う性格なもんだから、慎重にもならないのだろう。

私はあまりにルックスが良いものだから、たいていの男性は構えてしまう。
ところが、口を開けば親しみやすい。(性格は悪いがそれにも気付かないほど。)
そのギャップに誰もが驚く。

上記のことをまた私は正直に口に出して言ってしまうものだから、隠し事のない性格に思われるのだろう。

(自分で書いていて、なんだそれって感じだ。)

私の事はさておき、
彼は結婚したら良くなるタイプの男性だと確信する。
これは一度結婚を経験したものでないとわからない「勘」だ。

この人と結婚したら・・・
そう考えずにはいられない日だった。
[PR]
by nakaya073 | 2007-12-12 23:43 | 激怒レベル1

もう

もう

本当に疲れた。

あいつと関わっていかねばならないかと思うと、うつになりそうだ。

もう開放されたい。
[PR]
by nakaya073 | 2007-08-10 09:20 | 激怒レベル1

アホ旦那写真公開

b0061769_2057427.jpg


数年前、アホ旦那が私に嘘をついたらこの写真を人に見せると約束した画像。

旦那だともっとはっきりわかる写真は25日の給与日、またマイナスになったら公開します。

8月もまた決められて金額以上に使い込んでいたら、宣言通りアホ旦那のオナニー写真を公開します。
[PR]
by nakaya073 | 2007-07-23 21:00 | 激怒レベル1

写真公開

アホ旦那は湯水のごとく勝手に金を引き出し使いまくる。
毎月小遣いは3万と決められているにもかかわらず、必ずそれ以上使い込む。
ひどい時は20万を越える。

報告を義務付けているにもかかわらず、毎回報告せず勝手に金を引きおろし、「経費だからあとで戻ってくる」と嘘をつく。
だったらどうしてマイナスになるんだ?

もう我慢も限界だ。

カードをストップさせる手もあるが、それはまだ先において、
この度写真を公開することにした。

あと4日で通帳のマイナスがなくならなければ、アホだんなの写真を公開する。

その後、またマイナスになるようなことがあれば、アホ旦那のオナニー写真を公開する。
アホ旦那は馬鹿だから覚えていないだろうが、このパソコンの中にキチンと残してある。

いいか。この左上の豚がお前の写真に変わるんだ。
また主人公になれてうらやましいなぁ。

何年経っても馬鹿は治らない。

嫌なら改善しろ。
[PR]
by nakaya073 | 2007-07-19 20:10 | 激怒レベル1

お願いされるほどの男

毎週のように以前記述したエンジニアに食事に誘われる。
よほど暇なんだろうか。

彼は有名大学を卒業し、その後有名会社に就職。
でもその2年後、会社の可能性の低さを感じ、さらに有名一流企業に就職した。

彼は真面目な性格で頭も良いため、どんどん昇進していった。
まだ若いが今では大変なお偉い方である。

最近テレビに少し出ていたらしい。最新テクノロジー云々の説明だとか。

仕事のぐちを聞くこともあるが、
ほとんどが私を楽しませる話題。

「どんな人がタイプなの?」と毎回のように聞いてくるので、はっきりと私は「金持ち!」と言う。

お金さえあれば多少旦那が馬鹿でも我慢できる。
不幸な部分はお金がほぼ解決してくれる。
金がなければ、一つの不幸はさらに悪化する。

「なるほどね。僕はmちゃんを不幸にできないと思う。何らかのトラブルでたとえお金を全部なくしても僕はmちゃんの為だったら身を呈してでも(つまり死んでも)幸せにしたいと思うからね。」

ふ~ん・・・
臭いセリフ。

別にふ~ん、て感じで感動もなにもなく、ふつーに話を聞いていると、「あれ?」て感じで相手がビックリしていた。

そんなに金持ってんなら、もっといい女つかまえられるだろう。
なんで私にこだわるのかわからん。

毎回高級なお食事をご馳走になり、特別肌に触れたり、セックスを要求してきたりなんてことはない。
「あなたはそーゆー事言わないんだね」と言うと、
「望んでないわけじゃないけど、mちゃんからお願いされるほどの男になりたい。」とドライブ中に言われた。

その言葉は「おお!」と思って ちょっと感動した。
その瞬間から、彼が高級な男に見えた。
[PR]
by nakaya073 | 2007-06-15 21:30 | 激怒レベル1

暗証番号

旦那名義の口座に全く手をつけず生活しているため、
暗証番号を忘れてしまった。

つい先日、歯医者のお金を引きおろそうと暗証番号を思い出していたが、完璧に忘れてしまった。
そのため何度もやり直していたらatmのブザーが鳴った。

やべー!と思って逃げてきた。

旦那の給与なんてなくても生きていける。
旦那が居なくても全く問題なく生活できる。それどころか、居ないほうがいい。

居れば「腹が減った」だの「○○へ行きたい」だの「セックスさせろ」だの、ものすごく私のリズムを崩され、精神的にイライラしストレスが溜まる。

こんな馬鹿男と一生付き合っていかねばならんのかと思うと逃亡したくなる。

何の改善もない馬鹿男よ、
「改善した」の言葉ももう聞きたくない。

何が改善したのか?以前よりもっと悪くなっているだろが。

証拠はなぁ、
コピーして文書で送ってくるもんだろが!!
それができない、考えられない事が馬鹿な証拠。

な~んにも考えず、
ただセックスさせろって、吐き気がするわ!!

やるべきことをキチンとやってから言えや!
できもしない、やりもしないのに自分の要求ばかり押し付ける馬鹿男、誰が好きになるか
[PR]
by nakaya073 | 2007-06-14 21:51 | 激怒レベル1

愛なのか

6つも年下の男性に愛の告白をされた。
「性格が気に入った」と言われた。
性格より容姿は劣るということか・・・

30を超えて初めて容姿以外に惚れたと言われた。
しかも年下に。

非常に複雑な気分である。
・・・つまり容姿はあかんのか?

彼は毎日のように好きだと電話をかけてくる。
正直、気の毒になってくる。
どんなに拒否をしても、
「僕はこれ以上素敵な人に今後絶対めぐり合えない」と言うのだ。
アホ旦那と同じセリフだ。

アホ旦那とダブって見えて おえーと思った。

気の毒に・・と思うと、
間違った感情が生まれてくる。
同情から生まれた恋って、長続きするものなのだろうか・・・

彼は
「今度おそろいのブレスレットを見に行こう」と提案してきた。
結婚指輪ができないから、その代わりなんだろうな・・と思うと、さらに気の毒に思えた。
[PR]
by nakaya073 | 2006-12-08 21:32 | 激怒レベル1

第二の人生

毎日人の日記を読みあさり、
新聞記者のクセに読解力なくわけのわからない感想メールをよこす。

書けばきりがないが、どうしてこの私がこんなにバカな男に付き合い続けなければならないのか。

私ほどの経歴があれば、もっと素晴しい人生を歩めただろうに・・・
3ヶ国語が話せ、
美人コンテスト優勝数は数知れず、
家柄も良い。
こんな女性は多くないはず。
性格はあまり良くないが、学歴、容姿は他人には負けないと思う。

そんな高慢ちきな私にやっと本物の春が来た。

ずっと前に駅でたまたまアジア系の男性に声をかけられた。
どうせ暇だったので、英語で○○行きのホームを説明した。
私は彼に対して、日本に労働しに来ている外国人くらいにしか思っていなかったが、
彼はずっと私を探していたらしい。

彼は名前を教えてくれたが、全く興味がなかったので既に忘れてしまっていた。
彼は半年もの間、私の名前をずっと覚えていて、突然側近の方から連絡をいただいた。

どうやらパキスタンのお金持ちだったらしい。

お礼にお食事をごちそうしたい。
ということだったので、丁寧にお断りをしたのだが、その後、メッセージとともに豪華な花束がうちへ届けられた。

結婚を前提にお付き合いをしてほしいとのことだった。

すぐにお礼の返事をしたが、後日その答えも伝えようと思っている。

アホ旦那よ。
今までありがとう。

私は彼と第二の人生を歩もうと思う。
近いうち、両親にも話をする。

くらーい灰色の生活から、一気に黄金の生活に変わる。

そんな夢をみたい・・
[PR]
by nakaya073 | 2006-09-26 18:12 | 激怒レベル1