しっかり者の嫁とダメ亭主の日常


by nakaya073
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2004年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

大掃除

アホ旦那が久々大晦日に休み。
掃除を手伝ってもらった。ってゆうか、義務やろ。
まずは風呂。
ここは角にカビらしき黒い物体があったため、カビキラーをかけてアホ旦那にタワシでこすってもらった。
「まぜるな危険」の文字があったため、風呂の窓と戸を全開にし、私は洗面台を清掃。
何の前触れもなくアホ旦那は風呂掃除をしながらものすごい爆音で屁を2発こいた。
くさっ
くさっ!
くっさーーーー!!アホやろ!くっさいわー!
塩素と屁の混ざった、ものすごい核爆弾のような臭い。
たまらず風呂の戸を閉めると
「おい、やめてくれよー、死んじゃうじゃないかーー」とアホ旦那。
「あほか、戸ぉ閉めんかったらこっちが死ぬわ!おえぇぇ~~ぼえっげほっ」
彼は塩素臭が充満した風呂場で掃除を済ませ、今度は私に便所掃除を命じられた。
「え~~~!またかよ~~!」
と、しばらくしたら、「おわった」と屁ではなくゲップをかました。
前に食べ過ぎたらしく、ゲップとともにちょびゲロも出たらしい。
「ほらみろー!お前が汚いところばかり掃除させるから、今ゲロがでたじゃないか!」
・・・
あまりにあほ過ぎて笑えて仕方が無かった。

ただの食べすぎや。
[PR]
by nakaya073 | 2004-12-31 20:43 | 激怒レベル1

やっぱりクリスマスイヴ

は~。今日はクリスマスイヴだってのに、アホ旦那は一面書かなきゃいけないから、遅くなるってさ。
まー、毎年毎年、まともに会えたことなんてない。
ついこの前、彼の会社で一番偉い方々呼んで結婚式しとるんやから、早く帰らせてもらえそうなもんやけど・・・
ま、いいさ。
レトルトカレーでも食うて、愛のソレア見て寝よ。
[PR]
by nakaya073 | 2004-12-24 10:31 | 激怒レベル1

家事手伝い

以降、旦那は家事をするようになった。
食器を洗ってくれる。
まぁ、一般的には珍しくもない光景だろうけど、うちにとっては革命的なことである。

しかし、食器乾燥機をみると、油がこてーーっとこびり付き、米粒もそのまんま。
キーーーっと腹が立ち、「こんなもんならやらんほうがましやー!」と怒ってやると、「俺だって一生懸命やってんじゃねーか!」と逆切れしだした。

なにをやらせてもこんな調子で、満足にできたためしがない。

慣れたらできるようになるもんやろか・・アホ旦那でも
[PR]
by nakaya073 | 2004-12-20 11:48 | 激怒レベル1

ストーカー旦那

「沖縄に出て行く」と、荷物をまとめた。
親戚や友達なんていないけど、なんとかなるやろ。
沖縄やったら、家賃3万円で、一軒家庭付きのとこ借りられるし。
犬と心穏やかに暮らそう。

飛行機の予約を取って、さあ行くぞ、と言う時にまたアホ旦那が帰ってきた。
家中の鍵を閉めて絶対入ってこれない状態にしてやったけども、私も出られへん。
仕方がないので、荷物を持って外に出ると、
アホ旦那は血相を変えて
「どこ行くつもりなんだよ!バカな事はやめろよ!俺が生きていけないじゃないかよぉ!!」
と私の首をしめた。
私はその行為に腹を立て、近くにあった石で彼の頭を殴ってやった。

彼は目から涙。頭からは血を流しながら、
「ごめん、本当にごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。何でもするから。一生償うから、お願いだから出て行かないでくれ。頼むよぉ」と私の腕がもげるほどの力で引きとめた。

ラッコがお腹の貝を石で割るように、
旦那の頭を石で叩いてやったが、私から絶対離れようとしないので、諦めた。

以降、1日30回は電話してくるし、メールも何度も送ってくる。
うっとうしいので、着信拒否、受信拒否にしてやった。
[PR]
by nakaya073 | 2004-12-20 11:32 | 激怒レベル5

腹が減ったからって

アホの旦那がまた帰ってきた。
会社の寮で過ごせばいいものを、わざわざこちらへ帰ってきた。
駅まで迎えに来いとの電話。嫌だと断ると、タクシーで帰ってきた。
タクシーから電話で何か食べるものはあるかと聞くので、
食料なら今どれだけでもあると答えた。

うちにお客さんがあったが、アホ旦那が帰ってきたため、お客さんがアホ旦那に気を使って、「そろそろ帰ります」と言われた。

アホ旦那はお客様に挨拶もろくにせんと、「食うものなんて用意してねぇじゃねえか!」とすごい不機嫌に怒り出した。

私は我慢の限界に達し、
「お前は5分も待てんのか!!」と怒鳴ってやった。

するとアホ旦那は、「もーすいません、何怒ってんだか、こいつ、頭おかしいんですよ」
と客人に初めて挨拶した。

絶対別れようと思った。
[PR]
by nakaya073 | 2004-12-17 17:21 | 激怒レベル10

けんかの原因2

私がひとまず心を落ち着け、おばあちゃんと話しをしていると、アホ旦那が陰でこそこそ電話しだした。
「どうなってるんですかー!こんなの言わない約束だったじゃないですかー!!」

それがかすかに聞こえて私はブチ切れ、みるみる顔色が変わるのがわかったが、ここで本気で怒ったらおばあちゃんがビックリこいて死んでしまうかもしれない。

アホ旦那と一緒に外へ買い物に出た。

私:「最後にもう一度だけ聞くけど、ほんとうにそんなお金は受け取ってないね?」
アホ:「ん~・・いや、そうだと思うけどー・・いや、忘れてたんだよ、」
とか言い出したので、もう気がふれるほど悔しくて裏切られた感でたまらなくなり、我を忘れて殴りまくった。私の腕力では相手へのダメージに限界があるので、靴脱いで靴で殴った。
これはたまらん、と彼は車をコンビニへ入れて うちのおとんに電話しだした。
「おとうさん、助けてくださいよーMちゃんが、Mちゃんが・・」
バシッバッシッボカボカ!!ガスッバシッ(殴る音)
彼もこれはたまらん、と車を降りて電話をしだしたので、降り際、傘で殴ってやった。
一緒の空気を吸うのさえ嫌。もう別れたる!もう二度と信用するか!!
と、私はアホ旦那のカバンを外へ放り出し、1人で車を運転した。
涙で前がみえず5時間もかけて私の家に帰った。

その喧嘩の様子を見ていた店員が、警察に電話したらしく、取り残された彼は色々聞かれたらしい。

私が裏切られたのは まず彼だが、
それより母が憎らしい。以前も2回私に隠れて彼に金を渡すという同じ事があった。もう二度としないというたのに。
そして、今回、私たちが彼の実家に居ることを知って あのメールを送り「相手の両親の前でケンカさせてやろうと思った」と、母が自から告白した事で、私をわざと傷つけた、ということがハッキリわかった。

そんな親おるか?しかもアホ旦那巻き込んで。

私は決心した。

沖縄で暮らす。
[PR]
by nakaya073 | 2004-12-06 18:38 | 激怒レベルMAX

けんかの原因

アホ旦那が4日間も休みなので、一緒に富山の実家へ帰った。
披露宴でもらった物とか写真他、色々お渡しする物もあったし、何より私は彼の年老いたおばあちゃんに会いたかった。

今、私と私の実母は仲たがいをしている。ほとんど口をきかない。

原因は披露宴の彼の衣装代20万円を「私(母)が払う」と言ったのに、衣装の請求書が届くと「私(母)はそんな事、言ってない!」と怒り出したのだ。
私ははじめから「そんなん相手の衣装代まで払う必要ない」と言うとるのに「いいから、私が払うから。H君には挙式費用も出してもらっているし」と何度も言うので、請求書を新婦のほうへ一括で請求してもらうよう、わざわざ衣装屋に電話したのだ。

「お前(私)が向こうのご両親にカッコつけたかったから、勝手にそんなことをしたんだろ!」と言われた。そんなわけないだろう。私のケチ度は皆さんご存じの通り。昔からコツコツ貯め込んで絶対に無駄遣いはしないタイプ。

「気が変わったのなら、そう言えばいいやろ。もうボケたか!」と言うと、
おかんは「私がそんなこと言うわけない!」の一点張り。
「もう家に来るな!」と、留守中、私の洋服(親戚に いらない(私の)服をあげたいからと持っていったもの)を外に投げ捨て、泥だらけの犬糞だらけにした。

自分のボケを人のせいにするだけではなく、人の物にあたるなんて・・・。

そんなわけで、おかんとは仲違いしていた。

彼の実家へ夜着いた。
その日は穏やかに過ぎ、次の日、22日。私はおばあちゃんに肉じゃがを作ってあげようと思っていた。
するとおかんからメールで「Mが傷つくと思って隠しておいたけどH君に58万円渡したんだからそんなこと言うわけがない!」と・・
アホ旦那に「そんなお金受け取ったの?」ときくと、
彼は「そんなの知らない、何言ってんの?ばかじゃない?」というので、私も信じていた。
[PR]
by nakaya073 | 2004-12-04 02:21 | 激怒レベルMAX