しっかり者の嫁とダメ亭主の日常


by nakaya073
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2007年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

手術説明書き

彼の父が肺がん摘出手術をした。

私の手術の時もそうだったが、
彼は本当に病人の気持ちを考えず、平気で「もうダメだ」「帰りたい」「治らない」とかいう絶対言ってはならない言葉を何度も発する。

ご両親はこんなバカで薄情な息子をよく殴らずにいられるな、とイライラする。

手術は無事に終わり、
意識の覚めた父に アホ旦那が 術後の説明書きを読んでいると

術後は・・・
「七転び八起きの痛みがあります。」

は?

それを言うなら
七転八倒」やろ!!

そんなの読まなくてもわかる。

七転び八起きの痛みって、どんな痛みやねん!!アホやろ!!!!

ほんまにお前は新聞記者か!
[PR]
by nakaya073 | 2007-02-08 21:45 | 激怒レベル5

旅行

「旅行いくか?」とメールした。

議員さんの後援会の日帰りバス旅行であるが、面倒なので上記のみのメールを送った。

すると
「うれしい!でもまさか最後の旅行とか言うんじゃないだろうね」
と返信がきた。

別れられるものなら別れたい。
面倒なのでそんな返信もしなかった。


いつも文句を言って起こしてもまったく起きないアホ旦那が
自ら早起きし、ヒゲまで剃っている。

よほど楽しみにしていたのであろう。

いつも私の運転する車内では すぐ寝るのに、
バスの中では楽しそうに喋ってくるアホ旦那。

・・・寝ろよ。

しかし、口を開けばエロいネタかドラマの話。

自分の父親が癌の手術を来週うけるというのに、
「お父さん、里見先生から財前先生にバトンタッチされたよ」 とか、小学生も笑えないバカ話ばかりする。


旅行では途中、温泉に入るのだが、
男女は当然別である。

なんて心が落ち着くんだろう。

アホ旦那と離れると、本当に心穏やかになる。

どこかの知らない婆と浴場で喋っているほうがよほど楽しかった。

アホ旦那は旅行後「楽しかったね、また行こうね」と言うたが、
私は1人でも全く変わらないと思った。
[PR]
by nakaya073 | 2007-02-01 12:22 | 激怒レベル5