しっかり者の嫁とダメ亭主の日常


by nakaya073
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2007年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

生き物

アホ旦那という生き物は

1日5回うんこをする
一ヶ月に15万以上の経費がかかる
食事はかならずビールを必要とし、それがないと借金をしてでも買いに行く。
用事を頼むとかならず不平不満を言う。
センスがとても悪いのにセンスが良いと思いこんでいる。
手を洗わない。
体を洗わない。(だから当然臭い。)
車の運転ができない。
嘘をつく
暴力をふるう
水虫

そんな生き物を飼育する人間は、この地球上にどれほど居るんだろう。

殺人鬼じゃないだけ ましだな。
(当たり前か。)
[PR]
by nakaya073 | 2007-12-14 00:43 | 激怒レベル5

速達でチョコレート

アホ旦那にメールを送った。
『○○選手から「お礼」のお菓子がうちに届きました。賞味期限があと一週間しかないのでこちらでいただきます。お礼を言うか書くかしなさい。』

すると、そのメールに喜んでアホ旦那は手紙をよこした。
(※着信拒否、受信拒否中)

『○○選手のお菓子は美味しかったですか。○○選手のスタッフからもらったチョコレートです食べてください。』

と、日本全国どこでも売っている1パック298円の大入り袋のチョコレート(中国産)を、わざわざ速達でよこしやがった。

なんちゅー馬鹿なんだ!!
298円のチョコレートを790円も使ってわざわざ速達で送ってくるその馬鹿さ加減!!

あまりにも腹が立って狂いそうだ。

領収書やカード支払いや給与明細等、必要な物一切送ってこずに、そんな馬鹿で無駄なものは送ってくる。
どこまで頭が悪いのだろう。

アホ旦那の愚行に毎度毎度私は顔が歪み、不愉快最上級な思いをする。

都合の悪い事は一切報告せず、都合のいいことばかりを送ってくる。
そんなんだからいつまでたっても ど馬鹿なんだ。

言い尽くせないこの怒り。
[PR]
by nakaya073 | 2007-12-13 23:46 | 激怒レベルMAX

もう限界だ

『もう限界かも・・・』とアホ旦那からハガキが届いた。

それはこっちのセリフ。
というより、こちらはとっくに はるか限界を超している。

なぜこのような内容を送ってきたかが手に取るようにわかる。
なぜなら私がメールで規制をきびしく何度も送っているから。

証拠と共に。

通帳を何度も計算して、
この半年。アホ旦那が毎月確実に15万円以上使っていることがわかった。

それを「お前の親に見せる!」とメールで送ったことで危機感を高め、少々金を使わない努力をしたらしい。
ところが慣れない事をしたせいでもう数日で「限界だ」と感じたのだ。

まったく、アホの考える事が手に取るようにわかる自分が怖い。

たった数日の努力で改善などされるわけがない。
アホはどこまでいってもアホだ。

普通の人間ならば努力をするが、アホ旦那の努力は サル以下だ。
サルを引き合いに出しては猿に失礼なほど 全く努力の「ど」の字もしていないくせに、つらい事は「できない」「限界だ」だのとほざく。

正直なところ、私は一ヶ月3万円で暮らすことは確かにキツイ事と思う。

しかし、それが達成できれば次は5万円で暮らせと言うつもりだった。
3万円が達成できれば、お金の使い方がわかり、5万円もあれば余裕で暮らせるようになるからだ。

しかしながらアホ旦那は今まで一度もそれを成し得た事がない。
それどころか、15万円以下で生活した月がない。

毎月の給与が手取りで27万円しかないのに、何も考えていない。

何年たったら治るかな・・と思って見てきたが、もう絶対に治らない。
アホ旦那には絶対に無理なのだ。

アホ旦那よ。
毎度毎度こんなふうに言われているのになぜできない?
もう何年経つ?
結局お前は口ばかりで何もできないんだよ!
[PR]
by nakaya073 | 2007-12-13 23:39 | 激怒レベル10

素敵な男性

例のエンジニアだが、テレビに出てインタビューをうけたらしい。

新しいエンジンシステムの一部に大きく貢献したとの事で、ある番組で取り上げられていた。

彼は向上心が高く頭も良いため、仕事もよくできるのだろう。
今月昇進したと連絡があった。

私も仕事でたまたま都心へ行った時、彼も仕事で偶然その都心に居て、久しぶりに会った。
食事をするような時間帯でもなかったので、近くをドライブに連れて行ってもらった。

「相変わらず綺麗だね。」と一言目に言われたが、なぜだろう、今回はその言葉がすごくうれしかった。

ほんの1時間ほどだったが、彼の誠実さと懐かしさが感じられるドライブだった。

どうして彼は結婚しないのだろう?

聞けば必ず「mちゃんを幸せにするために他の女性とは結婚はしない。」と言うから聞かない。

理由はなんとなくわかっている。
女性に対して慎重すぎるのだ。
過去に何か嫌な思い出があるのかもしれない。

私に関しては私が平気で「うんこしてきたわ」とか言う性格なもんだから、慎重にもならないのだろう。

私はあまりにルックスが良いものだから、たいていの男性は構えてしまう。
ところが、口を開けば親しみやすい。(性格は悪いがそれにも気付かないほど。)
そのギャップに誰もが驚く。

上記のことをまた私は正直に口に出して言ってしまうものだから、隠し事のない性格に思われるのだろう。

(自分で書いていて、なんだそれって感じだ。)

私の事はさておき、
彼は結婚したら良くなるタイプの男性だと確信する。
これは一度結婚を経験したものでないとわからない「勘」だ。

この人と結婚したら・・・
そう考えずにはいられない日だった。
[PR]
by nakaya073 | 2007-12-12 23:43 | 激怒レベル1